« この1匹 | トップページ | 全キュー?? »

とんでもhappenな釣り8~この1匹~

 昨日書いた「この1匹」。これにまつわる「とんでもhappenな釣り」をひとつ。これも約10年前の話。私のエピソードって昔話が多いですな。最近いかに変化に富んでいない釣りをしているかというこっちゃね。ブログネタのためにも、あっと驚く釣りをせにゃならぬ(^^;
 ある年の8月の月例会。そのときは確か、中紀一帯という釣り場指定で月例会を開催したと思う。私はいつもの有光氏、そして清水氏たちを伴って、有田川尻の一文字に行くことにした。当時の有田川一文字はクラブの中ではブームになっていた。とにかく、エソが沸きに沸いて、号数稼ぎにはもってこいのポイントだったのだ。しかも、イワシエサで釣るものだから、「外道」にマゴチやヒラメ、キチヌまでくるとあって、この月例会にかかわらず、クラブ員はよく釣行していた。サーフ会員の方の中には「戸津井」という一世を風靡した釣り場をご存知の方も多いだろう。有田川一文字も戸津井爆釣の時期と重なっていて、私たちにとっては、戸津井に隠れた好釣り場というイメージだった。
 夜中に渡船乗り場に到着して仮眠をとり、朝の一番船に乗って沖側の一番先端にあたる白灯台に上げてもらった。私は先端から延長方向向きに、他のメンバーは先端から少し戻ったところでそれぞれ釣り座をとった。当時私のマイブームは、磯竿3号を使ってイワシエサをつけた引き釣り。遠投はできないが、投げるときのエサへの負担が少なく、しかも、エソなどの魚が食い込むとやわらかい穂先をグググッと絞り込んでくれるので、それがのめりこむほど面白かった。もちろん、その仕掛けで同じ釣り場でマゴチやヒラメも釣ったことがあったので、エソを狙うという名目で、他の対象魚も狙えるという楽しみもあったのだ。
 私は午前9時頃までにエソを数匹確保し、他のメンバーは有光氏が明け方にルアーでスズキを掛けたのにバラしたということで、投げ竿を投げたままルアー釣りに興じていた。そして、一向に、投げ釣りに集中する気配がない。

「もうルアーを投げる時間でもないやろ、投げ釣りに集中せーや。」
 なんて、私は他のメンバーに言いながらエサのイワシをつけ、投げようとしていた。そしてふと投げる方向を見ると信じられない光景が目に入った。ボイルだ。しかもかなり大きな群れと見られるボイル。魚種は定かではなかったが、一瞬呆然とそのボイルに見入ってしまったが、我に返ってルアーを投げているメンバーを大声で呼んだ。
「おーい、ボイルや!ここで投げろー!!」
 だが、ちょうどそのとき、メンバーはかなり遠くの方でキャストしているらしく、声は届かなかった。そこで再び我に返ると、よく考えれば今投げようとしているのはイワシ。「ええい、ままよ。」とばかりに、ヤケクソでそのボイルに向かってイワシエサを投げ込んだ。エサはボイルの少し沖に着水。そしてボイルの中を通るように少し早い目に巻き始めると、ほどなくしていきなり竿を絞りこまれた!! 来た!なんだかわからないが、ボイルしている魚が来たのだ。竿は磯竿3号を使用しているので、すごい締め込み方。ただ、道糸は5号、ハリスは8号を使用していたので、このまま耐えれば魚は取れる、そんな自信のようなものはあった。そのやりとりを遠くの有光氏が気づいてくれた。
「有光ー!タモや、タモ!!」
 水面にギラッと魚影が見えた。どうやら相手はスズキのようだ。気がかりは、手前のテトラ群の下にもぐりこまれること。私は必死にテトラ帯の先端まで出て魚を浮かし、有光氏に魚をすくってもらった。
 私が釣ったスズキのDランクはたったの2匹。1匹はこのときに釣った74.2センチで、あとの1匹は、先日ブログに書かせてもらったが、その有田川尻で釣った日の、たった12日前に武庫川尻一文字の電子ウキ釣りで釣れたもの。たった12日の間隔でDランクを完了してしまったのだ。それ以降はスズキは鳴かず飛ばず。時折釣れるが、まだ大物号数の20匹を全部埋めるにいたっていない。その有田川尻の1匹も、狙って釣ったわけではなく、スズキという魚は、結構狙っていないときに来ることが多いということを改めて感じたその日の釣行であった。自分自身で、スズキ狙い、という釣りをまだよくわかっていない部分がある。本命で「スズキを狙う」釣りにあまり行ったことがないのだ。そのあたりを考え直さないと、たまたま釣れたスズキでランクを埋めなけらばならないことになると思う。有田川尻一文字で釣った「この1匹」。言うまでもなく、しょぼいながらも私のスズキの自己記録である。

« この1匹 | トップページ | 全キュー?? »

とんでもhappenな釣り」カテゴリの記事

コメント

本命でスズキを狙いに行ってもなかなかうまらんのですヨcrying

スズキ狙いって、あってないようなものですものね。

ふぐたろうさん、こんちは~!
楽しく拝見させて頂いてます。
ええ思いをされてますなぁ~♪
どうりで内(SS)の会長が身エサを好む訳ですわぁ…
昨年、全サにカンバックした新参でして色々と参考にさせて頂いてます。
来月の合同例会は、煙樹周辺なんでイワシでちょこっと探ってみます!

SSの親父さん、こんにちは。上のお話なんて、昔取ったショボ杵柄ですよ(^^; 最近は弱気で、身エサ1本勝負なんてオソロシクテできません。7月になれば煙樹も身エサが面白いかもしれませんね。頑張ってみてください。また書き込みよろしくお願いしますね!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/41570196

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもhappenな釣り8~この1匹~:

« この1匹 | トップページ | 全キュー?? »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ