« 軍資金 | トップページ | GW明け »

紳士な釣り

 このゴールデンウィークの釣行は、釣果こそ恵まれなかったが、とても楽しい釣りだった。そんなに目くじらを立てて釣るわけでもなく、仲間とともに楽しく竿を並べる。これが一番私たちが投げ釣りに求めるもの、投げ釣りの原点と言えるような釣りだった。

 残念なのは、たとえ釣果に恵まれなくても、目的のヒラメを狙うための活けアジが不自由なく入手できていれば、もっと納得できた釣りになったと思われること。ヒラメなんて元から大漁なんて望める魚種ではないし、そのスタートラインに立つことさえおぼつかないのでは後悔のしようがない。近頃の浜田市近辺にはどうやらアジはどこにも回遊している様子はなく、私たちの釣り場はもとより、釣具店にさえ入荷しないのであるから仕様がない。昨年の同時期はアジがたくさん釣れたという話であるから、なおさら残念である。それに、釣行記にも書いたが、アジや小魚が回遊していないところでは、ヒラメの確率は格段に下がってしまう。エサの小魚を求めて近海に寄ってくる魚なので、ヒラメもエサのないところに寄って来ようがないのである。まあ、今回のことを教訓にして、次回はエサのアジの状況をしっかりとリサーチしてから釣行することにしよう。

 さて、そんな不調の中、釣行記にも少し書かせていただいたが、ヒラメとマゴチをゲットされた釣り人がおられる。クラブの松本、藤井両氏がその方と話をしたり、また魚の取り込みをお手伝いさせていただいたとのこと。二人が話すには、釣果はもちろんのことだが、とても印象に残る釣り人氏だったそうだ。氏は、広島協会の廿日市サーフに所属されているそうで、浜田にはよく通われているらしい。それで、浜田漁港の波止でヒラメやマゴチを狙う方法を熟知されているのだ。私たちが活けアジを入手するのに苦労している間に、塩イワシで2匹とも釣ってしまわれた。さて、「印象に残る」とは、氏の2匹の釣果のことではなく、2人が話すには、氏の投げ釣りに対する真摯な姿勢が垣間見られるようなシーンがたくさんあったというのだ。例えば、道具の配置やアタリを待つ姿勢、それから、喫煙をした後の吸殻の処理、灰皿をしっかりと備え付けて吸殻やゴミのひとつも残さない姿勢は、見習うべき点が多かったという。私も喫煙者であるが、その話を聞いてやっぱり反省するべき点がたくさんあった。普段吸殻はしっかりと火を始末してゴミ袋に捨てるようにしているが、場所を離れたり、からまったりして取り込んでいるときには、ついつい吸殻をポロッと捨ててしまうことがある。後から集めて捨てるようにはしているが、灰皿を備えつけて処理する行為に比べれば雲泥の差。それで、今日は私も釣り場用の灰皿をホームセンターに行って購入してきたくらいである。

 いずれにしても、釣り場で他の釣り人に見習ってもらえる、それは決して釣りの技術ではなく、釣りに対する姿勢を見習ってもらえるような釣り人にならねば、と、その氏の話を聞いて改めて考え直させられた次第である。できれば直接お会いできればよかったのであるが、話だけでも十分に氏の「真摯(紳士)な釣り」を勉強させられた気がした。

 廿日市サーフのその釣り人氏、このブログをもし読んでおられたら、ぜひ連絡をください。同じ広島在住の松本君を、これからどうぞよろしくお願いいたします。

« 軍資金 | トップページ | GW明け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/41117187

この記事へのトラックバック一覧です: 紳士な釣り:

« 軍資金 | トップページ | GW明け »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ