« 初めての申し込み | トップページ | 竿のグレード »

竿の硬さ

 竿の硬さはメーカーによって表示方法が異なるが、一般にS社のCクラスが、他社の30号という表現で対比されている。私が使用しているのは、主にS社のものなので、A~F(G)までの表現方法で説明してみる。ただし、これはあくまでも私的主観ということで。

 私のタックル紹介のところでも書いた通り、私はいわゆる標準負荷といわれるCクラス(30号)を所有していない。今のスピンパワーがメインロッドになる前は、約10年ほどの長きにわたり、D社の振り出しトライビームの30号をメインに使用していた。ただ、振り出しの30号では、ハードな場面で使用しにくいということで、並継ぎツインパワーのBXを合わせて使用していたのだ。この竿は先日書かせていただいたが、例の岩手のデカアイナメバラシ竿である。ところが、どうも並継ぎでは持ち重りがするので扱いにくく、かといって、振り出しの30号ではたよりなくて、ガンガン使えなかった。それで、それら2種の竿を所有しているときから、今度購入する竿は、使用目的をできるだけはっきりと持って購入しようと思っていた。その目的を果たすには、CXでは中途半端だった。並継ぎは守備範囲からはずすとして、振り出しをメインに使うには、やはりBXクラス以上をガンガンに使い、DXクラス以下をセンシティブな釣り(クロダイやキス、マゴチなどの釣り)に使用するべきと考えたのだ。そう思ってから数年かかったが、現在所有している振り出し竿のメインは、スピンパワーのBXに、サーフリーダーのDX。スピンのBXはガンガンに使いつつ、近郊のカレイ釣りなどにも使えるし、潮の流れの速いところでとても活躍してくれている。一方、サーフリーダーの方は、キチヌ狙いに使ったり、キスやマゴチ狙いで、こちらも活躍してくれているし、こちらも近郊のカレイ狙いで使ったりしている。今の体制が私には会っているようで、したがってCXの竿は今のところ必要がなくなっているのだ。CXクラスがほしいのは、キスやカワハギの引き釣りの時だが、そちらはNewスピンのDXがCX並みの硬さなのでカバーしてくれているし、DXの予備竿としても活躍中。しばらくはこの体制でいきたいと思う。それにしても旧スピンのBXは私のような非力な者でもそこそこ振り切れるしなやかさと、BXなりの硬さをあわせ持つ、大変優れた竿だと思う。別にコマーシャルをしているわけではないが、最近の竿にはなかなかそういったフィーリングにぴったりの竿がないので、幸か不幸か、Newロッドを新規購入する気分になれない。それに、やけに竿の値段が高くなっているし。

 つけたしだが、今日は協会の理事会にS社の方が来られて、商品の宣伝をして帰られた。もちろん技術革新で新製品を開発するのは良いとは思うが、釣りという趣味をどう考えておられるのだろう、と思うくらい値段が高い。それをカバーするための廉価版を同時に宣伝されていたが、とってつけたような説明。S社さん、どこまで値段を上げれば気が済むのでしょうね。安くて性能の良い商品をしっかりコマーシャルされる方が好感が持てると思ったのは私だけだろうか。80000円超のリールなんて、私にはとても買えない。

« 初めての申し込み | トップページ | 竿のグレード »

コメント

こんにちは。私も同感です。兵庫の理事会でも「もっと安い竿作られへんのか」という質問がありました。
髙い→売れない→高いの悪循環生んでいるのでは?それと、最近流行の多点ガイドはD社もS社も頂けないですね。設計者は細いPEしか使わないと思っているのでしょうか?

kisu356さん、コメントありがとうございます。私たち釣り人の声を、メーカーは聞ききれていないのではと思います。S社もD社も何か勘違いをされているようですね。一部分のフィールドテスターの声だけを聞いているようではだめだと思うのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/41219349

この記事へのトラックバック一覧です: 竿の硬さ:

« 初めての申し込み | トップページ | 竿のグレード »

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 事故の記録
    今となっては大切な、事故と入院生活の記録文。事故4周年を迎えて、新たにカテゴリーを設定しました。
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ