« 「ふぐたろう」の歴史 | トップページ | とんでもhappenな釣り 3 »

テトロドトキシン VS 青酸カリ

 妻が私に言った。

「この薬、飲んどいて。」

そういって、妻は一粒の錠剤と水が入ったグラスを手渡した。いつもの胃腸薬と思って、私はポイッと口にその錠剤を放り込むと、グラスの水で一気に飲み込んだ。そして、妻に尋ねた。

「今の錠剤は、胃腸薬やんなあ。」

すると妻は言った。

「ううん、青酸カリやで。」

そう言って妻はにっこりと微笑んだ。

そうか、ついに私は青酸カリを飲んで死ぬことになるのか。そう思うが早いか、喉元が急激に熱くなっていった。

「ううっ、これが、これが青酸カリの威力か。」

徐々に喉元の熱さが増し、呼吸もできにくくなってきた。

「ううっ、息ができない・・・喉が熱い~・・・・・。」

 私は喉の熱さを感じて、はっと目を覚ました。ベッドの中だった。だが、本当に喉元が熱く感じて、夢であったことを理解するのに時間がかかった。時刻は午前2時。額は心なしか汗ばんでおり、呼吸も荒かった。

「おおー、夢でよかった。」

 そう思って私は再び眠りにつくべく、目を閉じた。しかし、目を閉じてもさきほどの夢が再現されて、なかなか寝付くことができなかった。喉元の熱さ、呼吸の苦しさ、それらがやたらとリアルな夢だった。

実はその夜、例のショウサイフグ料理を食べたのだった。「フグ」であることをかなり意識して食べたせいか、フグ毒のテトロドトキシンが青酸カリという名に変わって夢に登場したようだ。やはり、テトロドトキシンに対抗できるのは青酸カリだけということか。

朝になって、その夢の話を妻にしたら、なんともいえない笑いを浮かべていた。

その後、なんだか怖くて妻の顔をまともに見れなかった。釣りに行ってばかりいないで、たまには家族サービスもしないといかんなあ。正夢にならないうちに・・・・朝食を食べながら、私はつくづくそう思った。

 ちなみに、妻の職業は薬剤師。妻曰く、テトロドトキシンは青酸カリより強力で、しかも、中毒で死ぬ直前まで意識がはっきりしているそうだ。そうか。もしかして夢の中で飲んだのが、青酸カリでよかったのかな・・・・なぜかそう思う自分が滑稽だった。

 随分とおどろおどろしい題名ですみませんでした。

« 「ふぐたろう」の歴史 | トップページ | とんでもhappenな釣り 3 »

家族のこと」カテゴリの記事

コメント

奥さん(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508444/40397691

この記事へのトラックバック一覧です: テトロドトキシン VS 青酸カリ:

« 「ふぐたろう」の歴史 | トップページ | とんでもhappenな釣り 3 »

フォト

カテゴリー

  • とんでもhappenな釣り
    釣りに行って遭遇した、様々なハプニングを書いています。
  • アーカイブ釣行記
    過去の釣行記事を復刻しました。
  • タックル・アイテム
    記事数が多くなったので、タックルやアイテムについての書き込みも整理してみることにしました。これはただ今作業中ですので、順次増やしていく予定です。
  • プチ釣行記
    個人での釣行記録です。遠征釣行も含みます。
  • 一応学校の先生です
    時折飛び出す、授業ネタ、吹奏楽ネタをまとめました。おはずかしいですが、これでも一応学校の先生、ってことで(^^)
  • 保存版
    私にとっては、とても大切な記録文だと思っています。お読みいただければうれしいです。
  • 家族のこと
    鼻の下を長くして、家族のことを書き綴っています(^^;
  • 活け魚陸送
    おいしい刺身を食べるには、生きたまま持ち帰るのが一番!! というわけで、様々な魚種を生きたまま持ち帰る、というテーマで書いています。
  • 西大阪サーフ月例会
    私が所属する、西大阪サーフの月例会を報告します。必ずしも私が参加出来るとは限りませんので、報告がない月もあるかもしれません。ご了承ください。
  • 食部門
    釣り部門よりも優先している、魚を食す部門です。さて、どんな料理が飛び出すか?!
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ